派遣で働いているうちにアップしたスキル

派遣で働いているうちにアップしたスキル

44才、男性のエッセイ : 以前のことになりますが

以前のことになりますが、派遣のプログラマーをやっていたことがありました。
主な業務は、プログラマーというよりソフトウェア開発でした。
ソフトウェアの取扱説明書を作成したり、ソフトウェア検査の報告書を作成したり、資料作成の業務も少なからず行なっていました。

そのような説明書や報告書を作成しているうちに、効率よく資料を作成するスキルが自然と身につきました。
プログラマーなのでプログラムを記述するのは、それほど不得意ではありませんでした。

しかし、説明書や報告書などの資料を作成するのは、苦手でした。
ビジネス文書を作成する際、プログラム作成ツールとは違うオフィス文書作成ソフトを使うことになります。そして、作成する文書では、図や表、グラフやイラストなども適切に活用する事になります。
派遣で働き始めた当初は、そのようなビジネス文書をうまく作成できていませんでした。
オフィスソフトの使い方もよく知らなかったので、訴求力のない、トピックスがなんであるのか、イマイチよく分からない文書を作成していました。
ですが、派遣で働いているうちに、プログラマーのスキルと共にビジネス文書作成のスキルも向上していきました。

その当時身に付けた文書作成のスキルは、今の仕事にも役立っています。ビジネス文書作成という、プログラマー以外の業務もやっておいて良かったと、今でもそう思っています。

Copyright (C)2017派遣で働いているうちにアップしたスキル.All rights reserved.