派遣で働いているうちにアップしたスキル

派遣で働いているうちにアップしたスキル

47才、女性のエッセイ : 乾燥芋の会社で、派遣で働いた経験があります

乾燥芋の会社で、派遣で働いた経験があります。
そこでは、主に検品の仕事をやらせていただきました。
単調な仕事ではありますが、どんな仕事にも奥の深さがあるもので、芋にも一つ一つの特徴があり、検品をしていると少しの違いにも敏感になり、発見や面白さが芽生えてくるときもありました。
とにかく正確に慎重に、そして一個でも多く検品をしなくてはなりません。早い人と遅い人とでは、段ボール5箱ぐらいの差が出てきます。やるからには、早く能率よくこなしたいものだと思い、徹底的に効率の良さを検討したものでした。

時には、においで判断する時もあります。長年勤めている人は、見ているのか見ていないのか分からないぐらいのスピードで進めている人もいます。そして、しっかりできているのです。

しかし、やり続けていると、ちゃんと自分でも同じように出来るようになってくるから、面白いものです。
言葉で上手く説明は出来ないのですが、見ただけで勘の様なものが働き、直観的に分かる気がしてくるのです。
そのお陰で、春先まで私を雇ってくれました。

今は普通の仕事をしていますが、あの時の仕事のやり遂げた感じは結構気持ちの良いもので、今の仕事にもこの感覚を取り入れようと、いつでもイメージするようにしています。スピードと目標は、どんな仕事にも必要なのではないかと思います。その感覚を体で覚える事ができたのかな、と思っています。

注目のキーワード

Copyright (C)2017派遣で働いているうちにアップしたスキル.All rights reserved.